グループ

「ライフリサイクル」(Tsunoshimagomi.com)は、山口県の海岸の美化活動を行いながら海岸のゴミ問題についての意識の向上を図ることを目的として設立され、今まで自発的な活動を継続しながら新たな試みに取り組んできました。

A picture of Mike Reid Sea Kayaking in Japan

ライフリサイクルドを創設したメンバーのマイクリードは、彼の周りにある環境を変えたいと強く望んでいる。彼が初めて角島を訪れた際、その海岸の状態に驚き、実際この状態について知っている人はほとんどいなかった。彼は、彼の周りの人々と一緒になってこの状態を変えることを決め、『ライフリサイクルド』は創られた。

Thijs de Koningはニュージーランド・ウェリントン出身のアーティストです。彼の作品には、絶滅危惧種へ対する保護意識の向上など、環境の中での様々な変化を捉えたものが多数あります。創作活動として、現在日本の本州で見られる反復的なモチーフや色を探求しています。また、日本に住み始めて以来、各地にある多くのゴミを見てショックを受けたことがきっかけで、清掃活動への参加やゴミのアート作品の制作にも積極的に従事してきています。

New Zealand Artist Thijs

1524711_563264837086351_471292719_n

山口市内の飲食店で初めてマイクと出会い、角島の漂着ゴミのことを教えてくれ、これらのゴミを一人で拾っていたのが、来日半年の彼でした。その純粋な考え方や行動力に感銘を受ける一方で、山口県民でもなければ、日本人でもない、日本語も殆ど分からないアメリカ人一人にさせていいのか、という思いからこの活動に参加させて頂いております。

友人のSouからマイクを紹介され、スタジオイマイチでのアートショーに感銘を受け、ライフリサイクルの活動に参加しています。私には3人の子どもがいて、ビーチクリーニングにも参加してますが、未来を担う多くの子ども達に、ゴミだらけの海を託してはいけないと思っています。今後もビーチクリーニングやアート制作などのライフリサイクルの活動を、多くの地域の人々に知ってもらえるよう、活動を続けます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA