角島ごみ調査 #3

今回 5月17日に角島で行ったゴミの調査は3回目になる。この調査を始めたときにはたくさんの人々は韓国からのゴミが一番多いと思っていたが3度の調査の結果 日本のゴミが一番多いということが分かった。日本ではビーチのゴミの問題がとても深刻な問題であるということを皆さんに認識してもらい ビーチ清掃を促していくことはとても重要だ。

Tsuno 15 Resized

私たちはなぜ何千もの日本のペットボトルや缶や物がビーチにあるのか 自分達に問いかけなければならない。いくつかのゴミはおそらく 処分するのにお金を払わなければならないという理由からビーチに捨ててしまうのだろう。また 地域ごとにゴミの収集日が決められており その指定された日にしかゴミを出すことができない。その不便さから不法投棄をしてしまう人たちもいのではないだろうか。また 冷蔵庫や テレビのような大きなゴミに関しては1000円〜5000円の高いリサイクル料金がかかる。私は ある日 森でテレビを見つけた。そして 萩のビーチで拾った冷蔵庫を清掃工場引き取ってもらうのに、我々はもう少しで5000円のリサイクル料を支払わなければいけないところだった。

Tsuno 5 Resized

例 えば カリフォルニアやハワイやメイン(アメリカ)ではペットボトルや缶を清掃工場へ回収するのに 街がお金を支払う取り組みをしている。料金は一つのアイテムにつき数セントだが、たくさんボトルを集めれば そのぶんたくさんのお金になる。また 大きなゴミに関しては 前もって申請すれば無料で回収しにくるというシステムをとっている。
**チャートは 国名不明のゴミ(633個)と ベトナムやタイなど東南アジアの国々を除いたもの**

Country Trash_Japanese